コンテンツへスキップ

ご提供する
コアウェブバイタル対策の概要

まず対策をするのは、具体的な方針が示されている「改善できる項目」からとなります。続いて「診断」に示されている、不合格だった監査項目について対応することで、おおよそ80点以上のPageSpeedスコアを獲得することが可能です。

指標の見方はこちら

※ ここにあるのは一例です。実際にはHTMLやCSSの構造、JavaScriptによるアニメーションの状況に応じて、より効果を発揮する施策から順に実施いたします。

  • 課題 CSS の最小化

    対策

    CSS の最小化

    ミニファイと呼ばれるファイル圧縮を行います。

  • 課題 適切なサイズの画像

    対策

    適切なサイズの画像

    ビューポート(表示領域の大きさ)に合わせて適切な解像度に調整した画像を利用するようにHTMLやCSSを編集します。

  • 課題 使用していないCSSを削除

    対策

    使用していないCSSを削除

    利用していないエントリーを削除します。またページ毎に必要最低限なCSSのみを利用するといったファイル構造の変更も効果を発揮します。

  • 課題 テキスト圧縮の有効化

    対策

    テキスト圧縮の有効化

    HTTP通信上の圧縮(gzip, deflate等)を設定します。主にサーバー設定の調整となります。

  • 課題 サーバーの応答時間が遅い

    対策

    サーバーの応答時間が遅い

    主にサーバー設定、またはバックエンド側スクリプト(PHP、Java等)を調整します。

  • 課題 複数ページリダイレクトの回避

    対策

    複数ページリダイレクトの回避

    リダイレクトは増えれば増えるほど速度低下を招きます。基本的にはリダイレクトを解除します。

  • 課題 Webフォント読み込み中の全テキスト表示

    対策

    Webフォント読み込み中の全テキスト表示

    Webフォントを利用する場合に、フォントデータが読み込まれるまでの表示フォントを指定します。

  • 課題 オフスクリーン画像の遅延読み込み

    対策

    オフスクリーン画像の遅延読み込み

    ファーストビュー以下の要素に存在する画像の読み込みを遅延させます。lazyload等のプラグインを利用します。

  • 課題 次世代フォーマットでの画像の配信

    対策

    次世代フォーマットでの画像の配信

    画像フォーマット自体を次世代フォーマットに変更する場合、一部のブラウザで表示できなくなることがあります。対応したいブラウザによって対応を判断します。

  • 課題 効率的な画像フォーマット

    対策

    効率的な画像フォーマット

    画像ファイル自体のファイルサイズを縮小するよう可逆圧縮/非可逆圧縮等を行います。

  • 課題 レンダリングを妨げるリソースの除外

    対策

    レンダリングを妨げるリソースの除外

    主にファーストビュー内に含まれるCSSやJavaScriptによる画面描画要素のインライン化、より高速に処理できる手法への置き換え等を行います。

  • 課題 メインスレッド処理の最小化

    対策

    メインスレッド処理の最小化

    CSSやJavaScriptによる効果を、より高速に処理できる手法へ置き換えたり、削減します。

Contact

電話で問合せ

03-6806-0354

CODING SAMPLE

弊社では通常PUG/SASSを用いてコーディングを行います。コーディングルールが必要な場合はお問合せ下さい。

コーディング実績へ

OFFICE

  • TOKYO

    〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-16 GMビル5階
  • OSAKA

    〒541-0044 大阪市中央区伏見町4-4-9 淀屋橋東洋ビル3階
  • HO CHI MINH

    Giay Viet Plaza, 180-182 Ly Chinh Thang, Ward 9, Dist. 3, Ho Chi Minh City, Viet Nam