SERVICES

常時SSL化対応

01SSL化とは?

サイト全体でSSL化をしていないWebサイトは、SEO検索順位の低下や、各種ブラウザでの警告表示がされるため、サイトとしての価値が著しく低下してしまいます。弊社ではサイト全体のSSL化作業を代行して承っております。

2019年末~2020年にかけ、SSL化していないサイトは見えなくなります!

Google は公式に、Google Chromeでの非SSLデータの読込をブロックしていく方針であることを発表しました。
https://security.googleblog.com/2019/10/no-more-mixed-messages-about-https_3.html
この方針では、Google Chromeにおいて、非SSLのサイトが見えなくなることを意味しています。早急な対策が必要です。

02SSL化のメリット

SSL化することで検索順位を向上させる

Googleは検索順位の決定要因の一つとして、SSL化しているサイトであることを公式に発表しています。また、SSL化しているサイトを優先的にインデックスするとも発表しており、もはやSEO対策を行う上では、SSL化は必須と言えます。
※参考サイト
HTTPS をランキング シグナルに使用します
HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります

ブラウザによる非SSLサイトの警告

Google Chromeをはじめとし、各ブラウザでは非SSLサイトを表示する際に警告を出すようになりました。主にブラウザのアドレスバー付近に表示がされます。まるでサイト自体に何か問題があるような印象をサイト訪問者に対して与えてしまうため、利用者の離脱につながります。SSL化を行い、不要な警告を排除しなければなりません。

HTTP/2を用いた高速表示に対応

次世代のHTTPプロトコルである「HTTP/2」は、HTTP通信のセキュリティ向上と表示速度の高速化を目的としたプロトコルです。昨今は対応しているレンタルサーバやプロバイダーが増えてきていますが、HTTP/2はSSLサイトに対してのみ利用できます(※1)。
※1 HTTP/2対応の主要ブラウザは、SSL暗号化されている通信にのみ、そのプロトコルを適応する仕様になっています。

03SSL化の流れ

  1. 対象サイトの確認

    対象サイトのサイトマップとCMSの有無、及びバージョンを確認します。また対象サイトから外部サービス(※2)を使っているかどうかもお伺いします。確認する上で、現状の全データをお送りいただく必要がある場合もあります。
    ※2 WEBフォントサービス、ビーコン型のマーケティングタグ、AJAX通信でのデータやり取り等

  2. 対応方針と御見積のご提案

    SSL化は、単純にリンクや画像のURLを書き換えるだけではありません。サーバの状態やサイト構成、CMSによって最適な対応方針をお見積もりと共にご提案いたします。

  3. テスト環境を構築し、SSL化作業を実施

    ご注文いただきましたら、弊社テストサーバ内にテスト環境を構築します。作業はテスト環境にて実施し、事前に確認を行いますので失敗しないSSL化が可能です。

  4. テスト・本番公開・ご納品

    作業が完了しましたらご連絡いたします。テスト環境を確認後、弊社にて御社環境へ移築を行います(本番アップ対応の申し込みが必要です)。

04価格と納期

SSL化作業の価格

1サイト 160,000円
※ページ数20ページ WordPressを利用し、外部サービスの利用が無いサイトを想定

SSL化作業の納期

10営業日程度

05FAQ

  • SSL化すると、非SSLのURLは使えなくなりますか?

    SSL化をすることで、SSL化前の http:// で始まるURLは原則として使えなくなります。しかしながらほとんどのWEBサーバでは、リダイレクト設定を適切に行うことで、旧アドレスも有効にすることが出来ます。詳細は担当ディレクタにご相談ください。

  • サーバへのSSL設定も依頼できますか?

    はい、可能です。ご契約のサーバ情報や管理画面へのログイン情報を御支給ください
    ※ご利用のサーバ環境によっては対応できない場合もあります。

コーディング代行のお問合せはこちら
お急ぎの場合

東 京

03-6806-0354
03-6806-0354

大 阪

06-7878-8160
06-7878-8160

HTMLコーディングサンプル

弊社では通常PUG/SASSを用いてコーディングを行います。コーディングルールが必要な場合はお問い合わせください