PC/SPコーディング

SERVICES

デバイス毎にHTMLを用意する、もっともシンプルなHTMLコーディング手法です。スマートフォン専用のサービスや、Monaca、PhoneGap等で開発されるスマホアプリで利用されるHTMLコーディング、またパソコン専用のシステム管理画面等、ターゲットデバイスが限定されるサービスで多く活用されています。

特長

  • 01
    デバイス別に異なるコンテンツを利用することができる
    クライアント様のマーケティング戦略によっては、PCとスマホであえて異なるコンテンツを利用する場合があります。レスポンシブ化をせず、ユーザの利用シーンに応じた別々のサイトを構築する際に利用します。
  • 02
    CSSが簡素化され、表示速度が上がる
    一般的なレスポンシブコーディングに比べればCSSの記述量が圧倒的に少ないため、ページの表示速度が上がる傾向にあります。
    ユーザの利用デバイスを特定できるサービスであれば、それ専用のコーディングを制作することでサイト全体のユーザビリティ向上に寄与します。

価格と納期

PC/SPコーディングの価格
1ページ ~8,000円
  • コーディングページ数

    1~10ページ
    2~4営業日
  • コーディングページ数

    11~20ページ
    5~7営業日
  • コーディングページ数

    21ページ以上
    ご相談ください
詳細な価格を見る

FAQ

閲覧している機種によって、PCサイトとSPサイトを出しわけることはできますか?

はい可能です。JavaScriptを用いる方法や、Webサーバの設定で対応する方法等ありますので、詳細は担当ディレクタにお問合せください。

対応ブラウザは何になりますか?

標準で対応しているブラウザはこちらとなります。その他のブラウザに対応することも可能ですが、その場合は担当ディレクタにお問合せください。

SEO上の効果はPC/SPコーディングとレスポンシブコーディングで違いますか?

弊社の認識としては、分けてコーディングをすること自体にSEO上の効果の違いがあるとは考えておりません。
しかしながら、どちらか一方のみ用意する場合は、用意されていない機種でのユーザビリティが悪くなり、サイトからの離脱やユーザ数減少につながることでSEOに影響を与えると考えますので、デバイス毎のHTMLコーディングを用意することは必要です。

PCコーディングをスマートフォンで閲覧した場合も、問題なく閲覧できますか?

PCコーディングをスマートフォンで閲覧した場合は、PCサイトと同じ表示になりますが、画面幅が小さいために各テキストはかなり小さく表示されます。スマートフォン利用者のユーザビリティが下がりますので、SPコーディングも用意した方が良いかと存じます。

他のFAQを見る
コーディング代行のお問合せはこちら
お急ぎの場合

東 京

03-6806-0354
03-6806-0354

大 阪

06-7878-8160
06-7878-8160

HTMLコーディングサンプル

弊社では通常PUG/SASSを用いてコーディングを行います。コーディングルールが必要な場合はお問い合わせください