RESPONSIVE CODING

01レスポンシブコーディングとは

一つのHTMLで複数のデバイス向けのページを提供するのがレスポンシブコーディング。
大まかに言えば一つのHTML要素に対し、表示する画面の大きさ(ビューポートの大きさ)に応じた複数のCSSで装飾を行うコーディング手法と呼べます。HTMLを1カ所書き換えるだけで、すべてのデバイス向けの表示が更新できるため、運用コストを削減でき、サイトの更新性も高めやすい、現在のWebサイトコーディングの主流となっているHTMLコーディング手法です。

02設計が重要

しかしながら制作方法によっては、複雑で隠れたバグを生み出しやすいソースコードにもなってしまいます。弊社のお客様の中には、他社でレスポンシブコーディングを依頼したが、バグが多く運用も楽にならなかった、ということで、弊社に再構築をご依頼いただいた方が多数いらっしゃいます。

03レスポンシブ対応はファストコーディングまで

弊社ではサイトのターゲットデバイスやCMS環境、また運用方法を念頭に「コーディングの設計」を行ってHTML制作に着手します。事前の設計があるからこそ、バグのない、運用しやすいレスポンシブコーディングをご提供することが可能です。

CONTACT US

FASTCODINGのサービスは、「基本料金」・「CSS作成費」、
更には「JavaScript」・「WordPress」のオプション費用について一切料金がかかりません。

サービス料金はページ数×ページ単価のシンプルな料金で提供いたします。

GET COUPON

今すぐに依頼するプロジェクトがない方は、是非メルマガ登録を!
次回ご利用いただける5,000円OFFクーポンをプレゼントしております
※弊社サービスのご利用は法人様に限定しております。予めご了承ください。

OUR PROJECTS

2015年4月にサービスを開始してから、今までにご依頼を受けたお客様・プロジェクト数の合計です。
実際に制作させていただいたwebサイトをご紹介しますので参考にしてください。
  • コーディング代行をご依頼いただいたクライアント様の合計 コーディング代行をご依頼いただいたクライアント様の合計
    クライアント様
    1242
  • コーディング代行を行ったプロジェクト数 コーディング代行を行ったプロジェクト数
    合計プロジェクト数
    1752
  • コーディング代行を行ったページ数 コーディング代行を行ったページ数
    合計コーディング数
    18192