Web業界の動向・情報

コーディング請負体制

チーム

FASTCODINGのコーディング請負体制についてご紹介いたします。

現在の請負の流れのフローといたしまして、下記の通りとなります。

1. クライアント様からデザインデータ、コーディング指示書の送付
2. クライアント様とデザインデータとコーディング指示書の確認
3. 問題がないようでしたら、発注書の送付
4. 発注書にご記入いただき返信
5. 発注書を確認後、コーディング作業開始
6. 頂いたデザインデータ、コーディング指示書を基に英語版コーディング指示書の作成
7. 英語版コーディング指示書を基にコーディング作業スタート
8. コーディング完了後、品質チェック
9. 品質チェック完了後、クライアント様にテストサイトURLのご連絡
10. 問題ないようでしたら、クライアント様にコーディングデータ送付

コーディングを外注する際に、コーディング指示書の作成が「めんどくさい」「わずわらしい」というお話をよく聞きます。
FASTCODINGでは必要最低限の情報をお教えいただき、わからない点は確認をさせていただくスタイルをとっております。
そうすることで、コーディングを外注するご担当者様にとって作業時間の削減に繋がります。

FASTCODINGのコーディングはベトナムで、現在3名体制で行なっております。
皆様のお蔭で、段々リソースが足りなくなって参りましたので(ありがとうございます!)
人員強化を行い、皆様のご期待に応えるべくサービスを強化してきます。

今後もクライアント様に「満足」をしていただくためにコーディング請負体制に関しても追求していきます。

SEOに強いコーディング代行は