SEO

Titleタグ・metaタグの設定のポイントは11点

ポイントを考える

FASTCODINGのBLOGをご覧頂きありがとうございます。
日本がワールドカップで予選敗退という結果に終わり昨日はブルーな気持ちで仕事をしてしまいました。
個人的には奇跡を信じて応援をしていた分反動がでかかったです。
日本代表も次のワールドカップへ向け気持ちを新たに頑張って頂きたいです!

さて冒頭ではちまちまとワールドカップの鬱憤を書いてしまいましたが、
今回は前回に続いてSEOに関する記述をしっかりと行なえば、順位が上がることについてご紹介をいたします。

今回も3点の記述方法をご紹介を致します。
3点の設定を行なう前に前回の記事で紹介をしたポイントの1番を本ブログでも確認をしてから記述を行ないます。

>1.対象ページは何であるか考えます。

対象ページの内容がわからないと下記の3点について考えることができません。

  1. Titleタグの設定
  2. meta descriptionタグの設定
  3. meta keywordsタグの設定

1.Titleタグの設定
Taitlタグの意味としては検索エンジンから検索したユーザに対して私のサイトはこういうサイトだよって伝えるいみをもっています。
検索エンジンとユーザに対して興味を持ってもらうタグを設定する必要があります。
正しいタグを設定しないと上位表示を得られなかったり、得られたとしてもユーザが訪れない可能性があります。

Titleタグの設定方法 4つのポイント

  1. サイト名または会社名を記述する。
  2. ページ内の重要要素を記述する。
  3. ユーザに対して興味を引く内容を記述する。
  4. 文字数は28字以内にする
    ただし、短すぎたり長すぎる場合は良くないと判断されます。

例としてFASTCODINGの場合は
HTMLコーディング代行・外注は早くて安いファストコーディング
です。
以前までは、
HTMLコーディング代行・外注依頼はファストコーディング

タグの一例

どちらの方がユーザやが興味を持ちますでしょうか?
私は上記の
HTMLコーディング代行・外注は早くて安いファストコーディング
でした。
なので、こちらに変更をしたんですけどね。(笑)

4つのポイントを意識してタイトルタグをつけましょう!!

2.meta description
こちの設定はユーザに対してというよりは検索エンジンに対してページ内容及び「meta keywords」タグで設定した内容について説明をいたします。
検索エンジンがこのサイトのページはこういう内容なんだなと認識をさせるための行為となります。

meta descriptionタグの設定方法 4つのポイント

  1. ページ全体の説明を記述する
  2. 検索エンジンに対して理解しやすいよう記述する。
  3. 「meta keywords」タグで設定した文言を踏まえ記述する。
  4. 文字数は110文字以内にする。

例としてFASTCODINGの場合は、
HTMLコーディングの代行・外注は1ページ8,000円のファストコーディングへ!短納期・低価格で最新のセマンティックコーディングやjQuery実装とWordPressのテーマ化にオプション費用なし!

以前までは、
HTMLコーディングの代行・外注依頼は1ページ8,000円のファストコーディングへ!最新のセマンティックコーディングやjQuery実装、WordPressのテーマ化をオプション費用なしで対応するコーディングサービスを提供します。

タグの一例

少しだけ文言を変更し、検索エンジンに対してわかりやすいように設定をしました。

meta descriptionタグ4つのポイントを意識して行ないましょう!

3.meta keywords
検索エンジンとユーザに対して検索してきて欲しいキーワードを設定いたします。
meta keywordsタグの設定方法 3つのポイント

  1. ページ全体の内容から検索エンジン、ユーザにきて欲しいキーワードを記述する
  2. キーワードは単語で記述する。
  3. キーワードタグの設定は3個~5個程度がよいする。
  4. キーワードタグを多く記述するとあまりよろしくないとされ、ペナルティー受ける恐れがあります。

例としてFASTCODINGの場合は、
コーディング代行,コーディング外注,ファストコーディング

以前までは、
コーディング代行,コーディング外注,HTML5コーディング,セマンティックコーディング,コーディングアウトソーシング,ファストコーディング

多くのキーワードを設定し、検索エンジン・ユーザに対して親切ではなかったなと思います。
適切なキーワードを設定し、すっきりしたなと思います。

meta keywordsタグは3つのポイントを意識して行ないましょう!

今回のおさらいとして、下記のそれぞれのポイントを意識します!

1.Titleタグの設定

  1. サイト名または会社名を記述する。
  2. ページ内の重要要素を記述する。
  3. ユーザに対して興味を引く内容を記述する。
  4. 文字数は28字以内にする。 ※ただし、短すぎたり長すぎる場合は良くないと判断されます。

2.meta descriptionタグの設定

  1. ページ全体の説明を記述する。
  2. 検索エンジンに対して理解しやすいよう記述する。
  3. 「meta keywords」タグで設定した文言を踏まえ記述する
  4. 文字数は128文字以内にする。

3.meta keywordsタグの設定

  1. ページ全体の内容から検索エンジン、ユーザにきて欲しいキーワードを記述する。
  2. キーワードは単語で記述する。
  3. キーワードタグの設定は3個~5個程度がよいする。※キーワードタグを多く記述するとあまりよろしくないとされ、ペナルティー受ける恐れがあります。

これらを意識して行なうと検索順位でよい結果が得られる可能性がございます。
他にもノウハウはございますので、またお楽しみに下さい。

SEOに強いコーディング代行は