SEO

altタグの設定のポイントは3点

ポイントはこれ

FASTCODINGブログをご覧頂き、ありがとうございます。

本日は表題通りaltタグの設定についてFASTCODINGでどのように設定しているか記述をいたします。

altタグについては基本設定をしなければならないと考えております。
前後の記述した文章及び全体のサイト構成から何を入れければならないのか?を考えて入力をいたします。

<img src=”test.jpg” alt=”○○○”>
こちらの○○○に何を設定すべきかを少し考えて見ましょう。

弊社のお客様の声ページにある有限会社C&Sデザインの今井様のお客様について例として紹介をさせていただきます。

altタグの設定例の題材

全体の構成と致しまして、お客様の声の内容となっているため、今回記述した内容としては、下記の通りとなります。

<img src=”https://fastcoding.jp/wp-content/themes/fastcoding/img/voice/c&amp;sdesign.jpg” alt=”C&amp;Sデザイン今井様とのインタビュー対談”>

「C&Sデザイン今井様とのインタビュー対談」と設定をしております。

こちらでは、誰と何をしているのか?をしっかりと記述いたします。

例えば、今井様と河田の写真と設定すると何をしているのかがわかりませんよね?

しっかりと誰と何をしているのか?
画像が無くても、その意味が通じるのかを分かりやすく設定する必要がございます。

写真を見ていると何をaltタグに設定をすれば良いのかわからなくなるときがございますが、その時は画像がなくても前後の文章と意味が通じるものを当てはめてあげるとわかりやすく設定ができます。

もちろん正解はないのですが、より正解に近い形としては意味のある文字を設定することが望ましいと言えます。

ポイントは3点です。
1.対象ページは何のページであるか考えます。
2.前後の文章はどのように記述しているか考えます。
3.写真は何の意味を持っているのか考えます。

そうすれば、写真の意味が具体的に浮かんでくると思います。

私はそのように設定をしておりますので、参考に幸いです。
C&Sデザインの今井社長様とのインタビュー記事を本日掲載いたしましたので、是非ご覧ください。

今井社長様インビューページ

※ワールドカップで日本が決勝トーナメント進出を信じている河田でした!

SEOに強いコーディング代行は